平凡サラリーマンが年収1,000万円を目指すブログ

凡人の凡人による凡人のためのブログ。「普通の人」にとってキャリアアップのヒントになれば幸いです。

年収を上げるための選択肢を整理

年収アップ

ターニングポイントで考えたこと

わたしが「このままではヤバいかも」と将来に不安を覚えたとき、

自分の置かれた状況を整理することにしました。

 

わたしが取れる選択肢の中から、最適なものを選びたかったからです。

 

まず、新卒で入った会社で2年目なので、世間的には「第二新卒という枠です。

ここを前提に物事を考えることにしました。

社会人のキャリア的には中途半端ですが、当時、某大手の転職サイトに第二新卒専門のものがあったので、そこそこ市場の需要はあるのかなと思ったのです。

 

これを踏まえ当時、考えたのは次のとおりです。

 

f:id:maromaro-osaka:20190909131604j:plain

 

①今の仕事を頑張って出世する

これは前回のとおりです。

オーナー企業で出世するのは至難の業。

また上司の給料を見れば大体、給料の天井が想像できます。

よって、これは選ばない。

 

②もっと給料・待遇のよい同業他社に転職

まずはここを検討しました。

今やっている仕事のスキルがそのまま使えるので、ワンチャンありと思ったんです。

うまくやれば今より待遇のよい会社に転職することは可能だと判断しました。

でも、結果的にこれは選びませんでした。

なぜならサービス業の給与水準はやはり全体的に低からです。

目先の給料を上げることよりも、将来的に、中・長期目線で給料を上げる方が良いと判断しました

なにせ年収1,000万円を目指していますから。

 

③まったく関係ない業界に転職

結論からいうと、最終的にこの選択肢を選びました

このこの異業種への転職についての経緯やポイントはゆくゆく詳しく書きます。

超重要ポイントです。

 

④副業で収入を追加する

これも当時、本気で考えました。

当時はセドリやアフィリエイト全盛期でした。

わたしも当然、やってみようと思いましたが、

わたしには趣味がなくブログなんかも書けることはありませんでした

なにせ平凡な…(略

 

ちなみに株などの投資にも興味がありましたが新卒2年目です。

タネ銭がありません(爆

 

選んだのはまったく関係ない業界への転職

最終的に選んだのは③ですが、ここにもたくさんのポイントがあります。

これを読んでいる人も、③は考えている人がたくさんいらっしゃるかと思いますが、

なかなかそれを実行するのは難しいですよね。

 

これも先に言ってしまうと転職にはめちゃくちゃ苦労しました

「給料の高い業界へ転職」というのが結論なのですが、言うほど簡単ではありません。

 

当然です。

第二新卒で、何のとりえもない平凡なサラリーマンなのですから。

大学だって三流大学です。

そんなに簡単に転職なんてできません。

 

ちなみにこれも少しネタ晴らしですが、

「1回目の転職は成功していません」

 

このブログでお伝えしたいのは、よくある良い会社に転職するためのノウハウではないのです。

 

私自身も吐くほどの苦労と悩み、不安に襲われました。

それをどのように克服していったのか。

どのように転職を捉え、結果的に現在の成功につなげっていったのか。

 

次回に続きます。

 

マーティー