平凡サラリーマンが年収1,000万円を目指すブログ

凡人の凡人による凡人のためのブログ。「普通の人」にとってキャリアアップのヒントになれば幸いです。

私が無謀な転職に成功したワケとは

転職活動前にまず何をしたか

コンサルティング会社に転職しようと思っても

三流大学、サービス業のわたしにはハードルが高いことくらい自分でもわかっています。

 

そこで戦略的に目標を実現することにしました。

 

それは、「資格」を取得すること。

 

学歴が足りなければ、今からでもそれを充足すれば良い。

それでしか、逆転の目はないと思ったのです。

 

資格と聞いたら、あなたはどう思いますか?

「それは難しい」と思うかもしれません。

「それはしんどいなあ」と思う人もいるでしょう。

 

でも、今の業界であなたは一生を終えるつもりですか?

給与水準の高い業界に転職したくないですか?

 

それを望むなら止めはしません。

 

実際にわたしは年収300万以下から800万円まで年収を伸ばしました。

わたしでもできたんだから、あなたにもできるはず。

 

ちなみに資格が必要なければ、それはそれでOKです。

あなたに素晴らしいスキルや経験があり、それを活かした転職というのもなくはないでしょう。

 

でもこれを見てるのは平凡サラリーマンのはず(笑

わたしのように普通にやっても今の業界から抜け出せないなら、資格に頼るのも良いと思います。

 

というワケでわたしは「何か資格を取ろう」と思ってTACに向かったのです。

 

資格試験・資格取得の情報サイト|資格の学校TAC[タック]

 

TACを理由に選んだのは、たまたま目に入って近くにあったから。

この時点でわたしは目指すべき資格が明確だったワケではありません。

なんか良い資格ないかあ、と事前知識なしで訪問しました。

 

そこで出会ったのが中小企業診断士です。

ja.wikipedia.org

 

一応、この資格を知らない人のためにご説明しますね。

中小企業診断士とは経営コンサルタント」を認定する唯一の国家資格です。

合格率は4~5%で、難関資格の位置付けです。

経営に関する知識を広く浅く問われる資格です。

 

これだ!と思いました。

ちなみにわたしは大学の時に経営学部ではなかったので、経営の知識はゼロに等しい状態でした

よって、コンサルティング業界を目指す上では必要不可欠と判断しました。

 

難易度?そんなもん関係ねえ!頑張れば受かるだろ!ってノリで受けようと決意したのです。

 

どうせ資格を取るなら自分の市場価値を高めるものを取ろう

資格取得

 ここで資格について整理したいと思います。

皆さんは資格取得というとどのようなものをイメージしますか?

 

下記はTACの人気資格一覧です。

参考にしてみてください。

www.tac-school.co.jp

 

ここで資格取得の注意点をお伝えしておきます。

※あくまでマーティー独自の見解ですので苦情は受け付けません(笑

 

それは、簿記とTOEICはやめとけです。

特に転職に活用しようと思っている人は絶対やめたほうが良いです。

なんとなく簿記取っとけばいいだろとかグローバルな世の中だからTOEICって発想の人が以外と多い気がします。

でもはっきり言いますけど、これらの資格はズバリ転職市場では対して評価されません!

 

理由はシンプルで簿記って経理以外は役に立たない。(また簿記知っていたからといって経理できるワケでもない)

ちなみに経理の仕事は年収高くないのでこのブログを見ている人にはお勧めしません。

TOEICについてはまず「お前英語話せるの?」って聞かれるでしょう。

話せるならそれで十分でTOEICいらないし。

 

なので狙っている業界・職種について役に立つ資格を目指すのが必須です。

わたしならコンサルティング業界なので弁護士、公認会計士、税理士、中小企業診断士社会保険労務士なんかがそれに当たります。

(いわゆるサムライ業(士業)ですね)

 

また不動産なら宅建、法律関係なら司法書士保険業界ならFPとか。

未経験でも資格持ってればそれなりに重宝されるところを狙っていきましょう。

 

その際のポイントは「独占業務」があるかどうか、です。

独占業務とは資格を持っている人しかできない仕事です。

例えば医療行為には医師の資格が必要ですよね。 

 

ちなみ資格には主に

  1. 独占業務資格…医師、看護師、診療放射線技師公認会計士、税理士など
  2. 名称独占資格中小企業診断士栄養士、保育士、保健師作業療法士など
  3. 設置義務資格…旅行業務取扱管理者、衛生管理者など
  4. 技能検定…機械加工、建築大工、ファイナンシャルプランナー、簿記、TOEICなど

などに分けられます。

 

原則、その仕事で働くために必要な資格を選ぶべきであり、

逆に言うとその資格を持っているかどうかがその業界に中途で入れるかどうかの大きな差になります。

なので行きたい業界にどんな資格があって、それがどのタイプの資格なのか、は十分分析する必要があります。

 

実務がない人たちが未経験業界に飛び込むには、資格の後押しが必要です。

今はその業界の経験がなく市場価値がゼロでも「ポテンシャル採用」されるチャンスは広がります。

だからこそ、資格を取るべきなのです。

 

そして、どうせ資格を取るなら国家資格がベターです。

簿記やTOEICは国家資格ではありません。

その他にも民間資格って結構あるので、それは後回しにしたほうが良いですね。

 

ちなみに、わたしは中小企業診断士をお勧めします。

ただし中小企業診断士名称独占資格なので、独占業務がありません(笑

コンサルタントの資格って中小企業診断士がなくてもできますからね。

(さっきと言ってること違うじゃねーか笑)

 

それでもわたしはこの資格をお勧めします。

その理由はまた別の機会に詳しく書きますね。

 

 逃げられない環境に自ら追い込め

さて、いざ資格を取ろうと思っても、わたしの場合、平凡サラリーマンなので資格取得といっても続くかどうか不安でした。

 

だから資格の学校に通うことに決めました。

 

ちなみにわたしが受けた中小企業診断士の講座は30万円ほど でした。

 

これを分割で支払う(笑

分割ならまた今月も支払いが…勉強しなきゃ損する…という気持ちを思い出させるためです。

わたしは基本、自分自身のやる気や根気を信じていないので、強制的に自分が動きたくなるような工夫を行いました。

 

試験勉強のコツはまた別の機会に書きたいと思いますが、結論から言うと、見事合格しました。

 

コンサルティング業界に転職する準備は着々と整って行ったのです。

 

さて、そろそろ次のステップです。

実際にコンサルティング業界の採用面接を開始する!

この時にこの中小企業診断士の資格が大いに活躍するのです。

 

続きます。

 

マーティー